Yukikoの ゆるギャラリー

私は小さい頃から、お気に入りの風景や想像の世界を、 限られたスペース内で周りにある材料で立体的に作るのが好きでした。紙で作った小さな着せ替え人形のおうちなどを作ったりするのが好きでした。もっと小さい時に、祖父の大事にしていた松の盆栽に小さめのトマトを突き刺してリンゴの木に見立て、下に石を並べて公園のようなものを作ったりしていました。また、小さなソテツの盆栽をパイナップルといって畑を作って植えたりしてミニチュアの公園や畑を作るのが好きでした。本人はいたずらをしている気持ちはなかったと思います?祖父母はいつも「ゆっこちゃん、すごいね」と褒めてくれました。やがて大きくなってそのエピソードを聞いて、そういえば祖父母はちょっとしたいたずらみたいなことも、「すごいねー!」と褒めてくれていたことを思い出しました。

子育てで休職中、リースやアクセサリー、雑貨を作って母も含めた家族や仲間と「Shining small shop」という名でフリーマーケット、喫茶店、自宅で開催したりしていました。リースの花を実家の畑で母が植えてくれ、木の切れ端などは父が切ってくれました。

高齢者施設に働き出して、文化祭に手作りショップをするために材料費を最小限にと思い、家ででたビン類などを利用し、小さな雑貨をいろいろ作りました。

アクセサリーは自分や娘が欲しかったのとクリスマスプレゼントにしたいと思い、思いついたときに作っています。

今は、ももといっしょに小さな世界を作るのを楽しんでいます。

「Yukikoの ゆるギャラリー」では2024年からのももと遊んでる時に作った作品を紹介したいと思います。

★アジサイとでんでんむし(2024年5月9日)

(おこめねんど)

★きのこのおうち(2024年5月9日)

(おこめねんど)

★くろねこシリーズ「ネモフィラ」(2024.4.24)

(アクリル絵の具、水彩絵の具)

★きのこのおうち(2024.4.5)

(おこめねんど)

★くろねこシリーズ「5月の木」(2024.3.14)

(指ではりつける絵の具ペタペタおえかき)

★きのこのおうち(2024.3.15)

(おこめねんど)

★きのこのおうち(2024.3.2)

(おこめねんど)

★くろねこシリーズ「桜の風景」(2024.2.28作)

★“もも”のお雛様 (2024.2.23作)

(おこめねんど)

★“けん”の端午の節句人形 (2024.2.22作)

(おこめねんど)

★花見のうさぎ (2024.2.17作)

(おこめねんど)

★シーサー  (2024.2.14作)

(樹脂ねんど・おこめねんど・アクリル樹脂エマルジョン、アクリル絵の具、粘土用コート剤)

★くろねこシリーズ「月と猫」(2024.2.8作)

(アクリル・水彩絵の具)

★お内裏様とお雛様 (2024.1.22作)

(おこめねんど)

★節分(2024.1.18作)

(おこめねんど)

★辰(2023.12作)

(おこめねんど)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です